教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20080128]
lrg_12425836.jpg


JICA 地球のひろば、で下村靖樹さんというフリージャーナリストの方の講演を聞いてきました。
「アフリカ勉強会」http://tunapendaafrica.org/

こども兵の問題は、「子ども兵の戦争」という本でも読んだことはあるのですが、
現地を目の当たりにしている方の話は生々しく、心に響きます。


今日の内容はほぼ、自分への備忘録です。


◆こども兵について

主に15歳未満の少年(少女)の兵隊を指します。
全世界で30万人以上いると言われ、この瞬間もどこかで戦闘が繰り広げられています。


◆ウガンダについて

アフリカ中南部の内陸国。
首都はカンバラ。
イギリスにかつて統治されていた。キリスト教国。

絶滅危惧種のマウンテンゴリラの数少ない生息地域。


◆LRAの誕生と国際紛争化

1986年、ムセベニ大統領政権が発足(クーデターで奪い取った)。
国内の南北での経済格差が大きく、さらにムセベニは北部地域を半ば迫害するかのような
措置をとったらしいです。結果、北部の一部の人々の不満が怒りに変わり、
LRA:神の抵抗軍 (Lord's Resistance Army)という集団が誕生しました。

このゲリラ集団は、ジョセフ・コニーという「神の化身」と名乗る男がリーダーで、
彼の指示の元、政府軍との戦闘を断続的に行ってきました。

ムセベニ大統領の度々の通告に応じも応じず、
1994年の最後通告を行った頃より、LRAの非人道的行為がエスカレート、
国際紛争に発展しました。

2008年現在、事態は収束の一途をたどっています。

ちなみに、最も戦闘が激しかった1994年からの10年間、
国連はその立場上(あまりにも究極の局面なので)、ほぼ介入していません。
また、日本政府も外務省より渡航禁止、国外退去令を貫きました。


◆こども兵

LRAは、主に戦闘員として村より拉致してきたこどもを使いました。
精神的に未熟なこどもを洗脳し、恐怖を植え付け、戦闘マシーンに育てます。
5人組を使った監視体制、性的搾取、地雷地域を先頭に歩かせる。。

誘拐されたこどもは66,000人に上る、と言われています。
死亡したのはうち30,000人。正確な数は不明です。
一方、成人兵士はピークでも5,000人。LRAの戦闘力はこどもが中心でした。


◆政治的背景

しかし、この程度(?)の規模の集団が何故武装勢力となり、
政府にとっての脅威となり得たのか?

実は、LRAはスーダン政府より多大な援助を受けていました。

当時、隣同士のウガンダ政府とスーダン政府は敵対しており
(ウガンダ:キリスト教 スーダン:イスラム教)、
国内のかく乱を狙ってか、スーダン政府はLRAに軍事的経済的援助を行っていた、そうです。
ちなみに、ウガンダ政府もスーダン内のゲリラ集団に支援を行っていた、とのこと。


◆救われたこども兵

こども兵は、政府軍に救出されました。
理由は、こどもの命はもちろんですが、最大の要因はゲリラ情報を聞き出すため。

救出直後のこどもたちは、一様に目に輝きがなく、
中には焦点が合っていないこどもたちも多かったそうです。
また、まばたき以外に表情が全く動かなかったらしいです。

彼らは以下のような流れでリハビリを受けることになります。

①Child Protection Unit
怪我や感染症等の応急処置を行う。
②リハビリセンター
精神的なケア、社会復帰に向けた職業訓練

最初は「生ける屍」だったこどもたちが、
徐々に笑顔を取り戻し、本来のこどもの姿へと戻っていきます。

しかし、トラウマは一生残ります。

人を殺戮した、という事実。
性的搾取を受け、父親の顔もわからないようなこどもを抱え生きることになる13歳の少女。
拉致の恐怖から、夜に家にいることができず、「ナイト・コミューター」へと逃げ込む。
兵士としての能力しかないがために、社会復帰後、政府軍に就職する。

等々。。


◆収束へ

スーダン政府との和解(2002)後、援助を打ち切られたLRAは徐々に勢力を弱めます。
現在、ジョセフ・コニーとの間で和解交渉が行われており、事態は収束へと向かっています。

ある程度こどもは救出されつくし、
リハビリセンターもその役目を終え、閉鎖されていきつつあります。

しかし、問題はたくさん残っています。

国際刑事裁判によるジョセフ・コニーらLRAメンバーへの法の処罰
(まだ彼らは捕まっておらず、どこかに潜伏しています)、
こどもに対する継続的なケア、シングルマザーとなったこどものフォロー体勢。。




まとめ、として。

カンボジアのクメール・ルージュに関わる文献はかつて、何冊か読みました。
ウガンダの問題は、細部は違えど似たような問題を多く抱えています。

軽がるしく「この目で見てみたい」などと言えません。
あまりにもリアルで、あまりにも愚かな行為。


もちろん、こんなことを知らなくても生きていける。
ただ、真実を知る、権利はあるし、少なくとも自分は知っていたい、と思います。
[20071030]
20071030235231.jpg


とある旅人に教えてもらったので簡単にメモ。
リビアなんて今まで全くマークしてなかったけれど、
話を聞いて写真を観て、すごく行きたくなった!!


国土のほとんどがサハラ砂漠に覆われたエジプトのお隣さん、リビア。
「テロ支援国家」としてアメリカや欧米とは仲が良くなかった。

過去形なのは、今は仲良しになったから。
テロ、経済制裁、リビア爆撃。
核の放棄と引き換えに、アメリカと国家正常化。


リビアと言えばカダフィ大佐、らしい(ムアンマル・ムハンマド・アル=カッザーフィー)
恥ずかしながら知らなかった。。

1969年にリビアの実権を握ってからというもの、国のトップ、象徴で在り続けている。


ちなみにリビアの国旗はこんなの。


Scrn183.png


あまりにも味気ない。国旗のシンプルさ世界一。

イスラム国家であるリビア。
緑はイスラム教で聖なる色を表す。ムハンマドのターバンも緑。



それはさておき、サハラ砂漠は美しいですね。


[20071014]
33mo_syau.jpg

morocco_point6_15.jpg

lrg_10160411.jpg




シャウエンとは、北モロッコ、リフ山脈の山間盆地にある小さな街。

モロッコはフェズやマラケシュがクローズアップされることが多いが、
このシャウエンは「秘境」と呼ばれるに相応しく、幻想的なオーラを放つ街だという。

白い家と青い壁。
とにかく白と青の世界。

青フェチの自分にはたまらない。
写真を見ているだけでテンションがあがる。

モロッコらしくない、と欧米のツーリストに人気だとか。


坂の街、というのにも心惹かれる。
街の高台からの景色を見てみたい。



■行き方

タンジェもしくはフェズからバスかタクシー
片道車で2~3時間、バスだと4時間程度
リマ山脈の中にあるため道はあまり良くない。
[20070516]
20070516132324.jpg



アルジェリア、日本人からすると、ちょっとマイナーな国ですね。。


アルジェリア(正式名称:アルジェリア民主人民共和国)は、北アフリカに位置するアラブ諸国のひとつ。首都はアルジェ。

北は地中海に面し、東はチュニジア、リビアと、南東はニジェールと、南西はマリ、モーリタニアと、西はモロッコと接する。


イスラム原理主義過激派によるテロが活発で、最近は沈静化したが
それでも年に数回のテロが勃発、数十人の死者を出している。


大部分がサハラ砂漠だが、北部は地中海性気候ですごしやすい。


人口の約90%は、北部の地中海沿岸地域に住んでいる。また、人口の約半分が都市部に住んでいる。南部の砂漠地帯には、約150万人の遊牧民(ベドウィン人)が住む。国民の80%がアラブ人で、残りの20%がベルベル人。わずかにフランス人も存在する。
人口の30%が15歳以下である。義務教育は6歳から16歳までで、すべて無料である。人口増加率はアフリカ諸国の中では比較的少ない。
平均寿命は73.26歳で、内訳は男性は71.68年、女性: 74.92年となっている。

アフリカ諸国、アラブ諸国の中心的な役割を担う存在。


アフリカの中でも比較的安定した国、と言えそう。
貧富の差解消や経済の多角化など、問題は山積みだが。。


ちなみに日本からは飛行機で15時間ほど。
外務省によると「渡航の延期をおすすめします」
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=91
[20070516]
ghardaia_image001.jpg



BRUTUS Casaの世界遺産特集にガツンときました。

「世界遺産=観光地」

安易な発想をもとに敬遠していましたが、
そんなしょうもない意地を吹き飛ばすような魅力を放つ世界遺産を知りました。


アルジェリアの砂漠の街、ガルダイヤ。
多くの建築家をうならせてきたという稀有な空間。

あのル・コルビュジエが影響を受けたというこの街。
正確にはガルダイヤをはじめとした5つの街を含む全体が「ムザブの谷」
と呼ばれ、谷ごと世界遺産として登録されている。


砂漠のまっただ中という過酷な環境のなか、住居は非常に機能的。
しかも、整然と並んだ家々はデザインとしても抜群。


建築を多少なりともかじったことのある人間としては、
かなり心惹かれる場所です。


続きは第2弾で。。
[20060912]
子ども兵の戦争



いま世界中の戦場で、子どもの兵士が前線に立っている。
大人よりも安上がりに勇敢な兵士になるという理由で、
軍や武装組織が好んで子どもを徴兵するためだ。
紛争地域に派遣された国連平和維持軍でさえ、小中学生の年ごろの
「兵士」に銃口を向けなければならないのが現状だ。

(冒頭より)


はっきり言って、これほど気分が悪くなる本はない。
実際、電車で読んでいて吐きそうになった。

しかし、現実なのだ。

世界中の、多くの武装組織で、子どもが兵士として戦わされている。

ルワンダ、リベリア、アフガン、イラク、ミャンマー、シエラレオネ、
スリランカ、コロンビア、スリランカ・・・

余りにも残酷で、生々しい。
実際に「地獄」を体験した子どもたちのインタビューが軸となって
構成されている。


僕はカンボジアにこれまで3度行ったけれど、こういった負の部分を
ほとんど見ないままだった。その国の真実を見ていないのだ、と思う。

「ホテル・ルワンダ」「モーターサイクルダイアリーズ」
といった映画を見たときも思ったけど、ただ旅するだけじゃなくて
こういった部分にもキチンと目をやって、できるならば何かしらの
協力ができたら、と思う。

気楽に遺跡を見たり人と触れ合ったりするのも旅のスタイル。
行く先々の国や地域の真の姿を、目をそらさずに見るもの旅のスタイル。
[20060325]
ルワンダ


ドン・チードル主演の「ホテル・ルワンダ」が話題となりました。
民族大虐殺から人々を守るために奮闘した、実在のホテルマンの話です。

人のやさしさと強さ、そして戦争の不毛さが伝わってくる作品です。
日本人にとってあまり馴染みのないルワンダについて、少し調べてみようと思います。


【ルワンダ内戦 フツとツチ】

アフリカ中央部のルワンダでは、1990年代にフツ系住民とツチ系住民の間で内戦が起こり、1994年には100日間で100万人もの犠牲者を出す大虐殺が発生した。隣国ブルンジでも同様にフツとツチの間で内戦となり、同様に多数の犠牲者を出した。


→なぜフツとツチは争うのか

多数派のフツは農耕民族、少数派のツチは遊牧民族だった。
ツチは裕福であり、高貴な民族とされていた。
「高貴な民族」と呼び、えこひいきしていたのは誰か?
それは、植民地支配していたドイツやベルギーの人間。

独立後、ツチは政権を掌握する。
しかし、フツの不満は募ってゆく。後押ししたのはフランス

→大虐殺の背景

1994年、ルワンダ大統領(フツ)の搭乗する飛行機が墜落される。
犯人はツチでなく、フツ至上主義者の犯行と言われる。

これをきっかけとしてフツによるツチの大虐殺が起こる。
虐殺に際してはリストが存在し、いかに計画的だったかを物語っている。
これをジェノサイド(1つの民族に対する計画的虐殺)と呼ぶ。


現在は発足した新政権が国内治安の維持に力を入れている。
しかし国外に大量発生した難民の問題など、残る課題は多い。


【紛争、戦争、衝突】

地球には200を越す国家と、無数の民族が暮らしています。
問題は複雑で、ぐちゃぐちゃにもつれた糸のように絡み合っています。

虐殺を起こした人々も、長年虐げられてきたフラストレーションが
あったからこそ、なんです。

本当に難しい。

僕はルワンダについて、何も知らなかった。虐殺のことも。
自分の力で何ができる、ってわけではないけれど、
とにかくまず「知る」ことは大切だと思うんです。


copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。