教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20110409]
4月3~8日に、仕事の関係で宮城県に行って来た。

東北地方太平洋沖地震により甚大な被害を受けた東北・北関東地方の
復興支援に、会社として取り組むことになった。
仙台にある団体の活動の後方支援、及び現地の状況の把握が今回の目的。

仙台駅周辺は、既に落ち着きを取り戻していた。
ガスはまだ復旧していないものの、水・電気は通っており、
またガソリンも入ってくるようになり、街には多くの車が往来していた。

「がんばろう仙台」「私たちは負けない」「立ち上がろう東北」
鼓舞する文字が街に溢れていた。

DSCN3059.jpg


今回お世話になった「せんだい・みやぎNPOセンター」では、
普段仙台市をはじめとした宮城県内のNPO法人の中間支援を行っている。

震災の復興支援の為に、地元・東京のNPOや財団、商工団体と連携し
「みやぎ連携復興センター」を立ち上げ、被災地支援に取り組んでいる。

そこは毎日のように会議が行われ、迅速な意思決定が行われていく”現場”だった。

活動のひとつに、宮城県内の全ての避難所を回り、刻々と変わりゆく状況を調査し、
求められるニーズに対応していく、というプロジェクト「つなプロ」がある。
※詳細は「つなプロ」WEBサイトを参照

わずかではあるが、その活動に参加させて頂いた。

「つなプロ」は80名程度のボランティアで組織されている。
リーダーはいずれもNPOの設立者やコアスタッフといった猛者。
彼らには状況を判断し、チームや仕組みを作り上げるというスキルが求められる。

DSCN3060.jpg


その後、沿岸部の被災地の状況の確認として
南三陸町、石巻市を訪問。

現場は、想像を絶する世界だった。


南三陸町は、被害が最も大きかった場所のひとつ。
津波は8mを上回ったと言われている。

DSCN3092.jpg

DSCN3099.jpg


DSCN3125.jpg


津波は山の中腹まで襲い、全てを破壊し、洗い流した。
半壊、一部損壊といった言葉は、ここには無い。

瓦礫を取り除く為の重機の音と、カモメの鳴き声以外は何も聞こえない世界。
とにかく、静かだった。

南三陸町では町役場も流された。
全国から支援物資や募金・義捐金が集まっているが、
それを調整するのが各地域の自治体。この町にはそれが無い。

普段は養殖業業などで生計を立てている人々。
自治組織と言っても限界がある。

電気・水・ガスがまだ通っていない。至る所に瓦礫の山。
1ヶ月が経過しようとしている現在においてもそういった状況だ。



避難所にはボランティアセンターが開設されていた。

DSCN3071.jpg


通常、こういった災害のボランティアでよくあるのが
泥かきや浸水した民家の掃除。しかし、この町ではまだそのニーズは無い。
今行われているのは、自衛隊による行方不明者の捜索、そして重機による瓦礫の撤去。

医療、心理カウンセラーといった専門スキルを持たないボランティアが
できることは、この時点では限られている。


ボランティアさせて頂いたのは、「思い出探し隊」というプロジェクト。
海水にまみれた写真やアルバムを拾い集め、綺麗にする。

結婚式、旅行、クリスマス。
幸せな、家族の写真たち。

重過ぎる仕事だった。

DSCN3067.jpg

避難所では、長期的に運営組織づくりをサポートする人材を求めていた。
支援物資を調達し、ガソリンなどの燃料や食糧を管理する。
また、様々な団体からの問い合わせや避難所の人々の要望や意見に対応する。

仮設住宅が建ち始め、徐々に避難所で生活する人数は減少していくが、
すぐにはゼロにはならない。半年~1年、場合によってはそれ以上の期間、
避難所生活が続く可能性もある。

1週間程度の支援では、地元の人々との信頼関係を築くことはできない。
息の長い、中長期の支援が必要なのだ。



仙台への帰り道、石巻を訪れた。

高台から見下ろした、宮城県第2の人口を擁する町は
とても言葉に表せない、状態だった。


DSCN3143.jpg


津波は、火災をも巻き起こした。

DSCN3131.jpg


DSCN3137.jpg



沿岸部だけではなく、町の奥深くまで、その爪痕は残されていた。
これから暖かくなる。早く除去しなければ、衛生面も心配だ。

DSCN3150.jpg


今回の震災は、宮城県においては、圧倒的に津波。
沿岸部と内陸部で状況が大きく異なる。

震災から1ヶ月が過ぎ、少しづつ元の生活に戻っていく。
しかし、未だこういった場所があり、避難所の人々の命が
削られていることを、知らなければならない。



東北の人々は強い。
支援に頼るだけでなく、自らの力で、立ち上がろうとしている。

会社としては、地元のNPOや企業と連携しながら、
全国のNPOや企業といった機関とのパートナーシップで
中長期にわたり、最大限の支援を行っていく予定だ。

個人としても、被災地を訪れ、肌で感じたことを
多くの人に伝えていく。まずはそこからやっていこうと思っている。


DSCN3076.jpg



P.S.
4月7日の晩の、今回の震災の中で最大の余震が起きたとき
震度6強の仙台駅近くにいた。

様々なものが激しく揺れ、人々が叫び、停電となり一気に暗闇になる。。
このビルや電柱が倒れてきたら、津波がここまで来たら、
と本気で「ヤバイ!」と焦り震えた瞬間だった。

宮城や、東北・北関東の人々は3月11日、どんな思いだったのか、
また毎日の余震をどのように受け止めていたのか。。

ふぅー、と大きなため息をついたことを覚えています。
[20101125]
この世界の中で最も好きな音楽のうちのひとつ

それが、『南無』が奏でる世界

TIFF_035.jpg


彼らを初めて知ったのは2年と8か月前。
パリカリというカフェで、偶然出会った。

そのカフェでは、ちょっとしたパーティが行われていて、
自分は何も知らず、彼女(=今の相方さん)に連れられ参加した。
何やら凄そうな人たちで埋め尽くされた異空間の中、
居場所が無く困っていたのを覚えている。

そんなときに、彼らが静かに音を紡ぎ始めた。

TIFF_036.jpg

初めて聴く曲、慣れないリズム。
心が捉えられていくのを、感じた。

英語を使わない彼らの唄は、とても分かりやすくて
そして温かい。

歌声は雄大で、でもやさしく
ちいさな女の子が叩くドラムには魂がこもっていた。


TIFF_037.jpg

マイナーな彼らだが、Youtubeでも音楽を聴くことができる。
でも、南無の音楽はインターネットやCDでは伝わらないと思う。

耳だけではなく、目で、肌で、振動を感じる全身で
そして心で聞く彼らの音楽は、生のエネルギーに満ち溢れている。


小さな会場が、ひとつになった。

TIFF_034.jpg


全国を周る彼らに巡り会うことは、
ひとつの場所で暮らす自分にはちょっと難しいけれど
また会えることを考えるだけで、生きるエネルギーがわいてくる。

南無とは、そんな音楽をつくりだす2人なのだ。



<番外編>

一緒に出演していた宮良忍さんの三線も、めっちゃ良かったです。

TIFF_032.jpg

TIFF_033.jpg
[20100516]
<事業計画書策定上の思考プロセス>

① これから「何をしたいか」
     →事業の構想・事業展開する市場の見きわめ

② これから行う事業周辺では「何が起きているのか」
     →事業環境の分析(市場分析・競合分析・自社分析)

③ 事業を成功させるためには「何をすべきか」
     →市場の絞込み・ポジショニング(市場の中での自社の位置を明確化)

④ 事業を推進していく上で「何をどう決めることが必要か」
     →意思決定の4P
         ・製商品・サービスの仕様・内容(product)
         ・販売価格政策(price)
         ・販売ルートの決定・整備(place)
         ・販売促進・PR方法の確立(promotion)

⑤ ①~④を推敲した上で「何を数値化し、何を文章化するか」

----------------------------------------------

<事業計画書に必要な3つの視点>

■「成長性」がイメージできること
■計画の「実行可能性」があること
■とるべき策定手順が踏まれているか


----------------------------------------------

<事業計画書の構成>

1 経営理念
2 現状分析(内部環境分析・外部環境分析)
3 事業目標(自社の強み・3~5年後の事業目標)
4 課題と対応
5 事業戦略の策定
6 事業展開の進め方(事業戦術)
7 販売戦略・計画
[20100516]
2009年に書いた日記より。
NPOと一般企業、どちらでやっていくのか模索していた時期。


教育でやるにしても、地域と関わるにしても、
それをビジネス化(→自分で事業を回すスキームをつくる)することがポイント。

助成金・協賛金のデメリット

→ 活動が制限される
→ 国の補助金はあてにできない(いつ制度や方針が変わるか分からない)


実際に活動している人に話を聞いてみると、

・ 普段は一般企業で働いている
・ 会社を経営している
・ 複数のNPOで働いている

という回答がほとんど。

つまり、NPOなどで活躍している人も、
実際の収入源は別に持っている、ということだ。


ここでポイントとなるのが、
収入源でやる仕事 と 本当にやりたいこと
のベクトルの違いである。

ベクトルがあまりにも乖離していると、
かつ本業に割く時間量が大きいと、結構しんどい。


まずはベクトルを近づけてみる努力をすることが必要なのかも知れない。

・ 今いる企業の中でベクトルの近い仕事をする(もしくは仕事をつくる)
・ 別の企業や団体でベクトルの近いところに変える

2つの可能性から、探ってみよう。
[20100516]
本屋をやりたいと思っていた時期がありました。
そのときにまとめた内容です。。


<リアル本屋とネット本屋>

 ・ 小さい本屋さんにはお店独自のセンスやカテゴライズが必要
 ・ そのお店なりのほんの見せ方、並べ方をお客様は見に来る
 ・ 新刊偏重になりすぎて、リアル書店のメリットを生かしきれていない
 ・ 購入客の7割は衝動買い → 衝動買いしたくなる本をどうやって並べるか
 ・ 古本と新刊を混ぜ合わせる・組み合わせる → 古いものに新しい価値を与える
 ・ 店を面白いと思ってくれるお客様を増やす

<古本について>
 ・ 古本を売るには古物商の免許が必要(警視庁サイト:各種手続き)
 ・ 古書組合に入れば、市場に行って業者間の交換会に参加できる(ただし入るには壁が高い)


<書店用語・システム>
 ・ パターン配本とは取次が書店に新刊を配本する方法
 ・ 普通の書店は本をつくる人、出版社、取次と関係を持っている
 ・ 取次ぎから送られてくる本を自動的に店頭に並べればOK。1冊ずつ自分で注文すると大変
 ・ 自分たちで情報を調べて出版社に直接注文、それを取次経由で送ってもらう、という形もある
 ・ 小さい書店を対象にした取次がある
 ・ 安定した本の仕入れを主眼に置くと、古書組合に入るのもあり


<マーケティングリサーチ>
 ・ 書店の品揃え、価格帯、本の分類方法、検索方法、内装の工夫、書棚のサイズなど。
 ・ 洋書を個人輸入して販売している店など

<その他>
 ・ たまたま来た人でも何かを見つけてもらえるように
 ・ 棚に並べたときに「こういう意味でセレクトしたんですよ」ということがお客様にも伝わるように
copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。