教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20060802]
一号線を北上せよ


ベトナムをホーチミンからハノイまで北上する。
ひたすらバスに揺られて。

旅するのは、言わずと知れた「深夜特急の作者」沢木耕太郎。

無数の若者を旅へと誘った「深夜特急」と比べ、50代の沢木が
描くこのベトナム道中記はエネルギッシュさに欠ける。
20代の頃の「迷い」がなく、家庭や地位や経済力を持った男の落ち着きが
作品の全体から感じられた。

「深夜特急」の沢木耕太郎は僕と同じように、自分が何者か、または
何者になるのか、捜し求めていた。

しかし相変わらずの無計画さと好奇心の強さで数々のハプニングや出会いを招くところは健在。
躍動感あふれる文体に惹かれ、一気に読んでしまった。


「旅」のことを久しぶりに考えた。日々の忙しさに、ついつい忘れていた。

旅してどうなるのか、何かが変わるのか、旅のあと、どうなるのか。
そんなこと、旅してから考えよう。そう思えた。
copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。