教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20070521]
カテドラル



とにかくこのカテドラル(大聖堂)の写真に惹かれました。


グァダラハラ。

メキシコ人曰く「西部の真珠」


テキーラの産地。マリアッチ(メキシコの代表的な音楽)の発祥地。


どこか人なつっこく、気持ちのよさそうな街ではありそうです。



wikimedia commonsに掲載されている写真がまた美しい。

[20070521]
グァナファト



ごちゃまぜの国、メキシコ。


そう、メキシコは多様性に溢れている。

マヤ文明、タコス、ルチャ・リブレ、エル・カミーノ、
太陽、美人、コロナビール、テキーラ、植民地。。

情熱的な国なんやろうな、と。
その熱気を感じてみたい。


さて、本題。

冒頭の写真は、世界遺産にも登録されているグァナファトという街。


16世紀に銀鉱山が発見され、街はみるみる繁栄していき
多くの教会等建造物が建てられた。
スペイン統治時代のコロニアル様式の建物が今でも健在。


とにかくカラフルで、そしてどこかオシャレ。

街の下には地下世界が広がる。銀鉱山の排水路。
いつの間にか地下通路に入り、そしてまた地上に出る。

大きな迷路のような。
どこか謎めいた表情をのぞかせる。


原色の街。

そこに住む人々もどこかキッパリしているのだろうか。
[20070516]
アヤソフィア


イスタンブール歴史地域は、トルコ最大の都市イスタンブールの旧市街にある歴史的建造物群に設定されたユネスコの世界遺産(文化遺産)。

ギリシア人の町ビザンチウムとして発祥し、ローマ帝国の都、
コンスタンチノープルに。1453年にオスマン帝国により滅亡させられ、
イスタンブールと改名された。

イスタンブールはオスマン帝国の繁栄のもと都市化が進み、市街地は城壁や海を越えて広がっていった。古来からの市街は19世紀以降、人口稠密な旧市街地区となっていき、政府機能も市街の外に離れる。しかし、かつての宮殿やモスクはよく保存され、20世紀に成立したトルコ共和国のもとで保存と修復、公開が行われて世界中から旅行者を引き寄せる大観光地となった。


中でもキリスト教の大聖堂として537年に建立されたアヤソフィア(ギリシア語でハギア・ソフィア)はイスタンブールのシンボルとして、その美しい姿を誇っている。

ちなみにハギア・ソフィアとは「聖なる智慧」という意味。


ヨーロッパとアジアの人種や技術や文化がチャンプルーされたイスタンブール。





[20070516]
20070516132324.jpg



アルジェリア、日本人からすると、ちょっとマイナーな国ですね。。


アルジェリア(正式名称:アルジェリア民主人民共和国)は、北アフリカに位置するアラブ諸国のひとつ。首都はアルジェ。

北は地中海に面し、東はチュニジア、リビアと、南東はニジェールと、南西はマリ、モーリタニアと、西はモロッコと接する。


イスラム原理主義過激派によるテロが活発で、最近は沈静化したが
それでも年に数回のテロが勃発、数十人の死者を出している。


大部分がサハラ砂漠だが、北部は地中海性気候ですごしやすい。


人口の約90%は、北部の地中海沿岸地域に住んでいる。また、人口の約半分が都市部に住んでいる。南部の砂漠地帯には、約150万人の遊牧民(ベドウィン人)が住む。国民の80%がアラブ人で、残りの20%がベルベル人。わずかにフランス人も存在する。
人口の30%が15歳以下である。義務教育は6歳から16歳までで、すべて無料である。人口増加率はアフリカ諸国の中では比較的少ない。
平均寿命は73.26歳で、内訳は男性は71.68年、女性: 74.92年となっている。

アフリカ諸国、アラブ諸国の中心的な役割を担う存在。


アフリカの中でも比較的安定した国、と言えそう。
貧富の差解消や経済の多角化など、問題は山積みだが。。


ちなみに日本からは飛行機で15時間ほど。
外務省によると「渡航の延期をおすすめします」
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=91
[20070516]
ghardaia_image001.jpg



BRUTUS Casaの世界遺産特集にガツンときました。

「世界遺産=観光地」

安易な発想をもとに敬遠していましたが、
そんなしょうもない意地を吹き飛ばすような魅力を放つ世界遺産を知りました。


アルジェリアの砂漠の街、ガルダイヤ。
多くの建築家をうならせてきたという稀有な空間。

あのル・コルビュジエが影響を受けたというこの街。
正確にはガルダイヤをはじめとした5つの街を含む全体が「ムザブの谷」
と呼ばれ、谷ごと世界遺産として登録されている。


砂漠のまっただ中という過酷な環境のなか、住居は非常に機能的。
しかも、整然と並んだ家々はデザインとしても抜群。


建築を多少なりともかじったことのある人間としては、
かなり心惹かれる場所です。


続きは第2弾で。。
copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。