教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20100825]
先週末の土日は、和光市で合宿してきました。

「教育の未来を創るワークショップ」
http://www.kyoikunomirai.org/

50人の、教育に関わる仕事をしている人や興味のある人とともに過ごす2日間。

学校教員、企業研修、塾講師、保育士、キャリア教育コーディネーター、
教育に関わるNPOなどなど、多様な人材が集いました。岩手や九州からも!

ワールドカフェあり、OSTあり、AIありと、様々な形のワークショップが行われ、
それぞれの取り組みの共有や、これからの教育についてアツく議論してきました。

数人とはいえ、学校関係の教員が参加しており、現場の実情を聞けて
様々な気づきがありました。

教育について語るときに、現場の人がいないと議論が空虚なものになってしまう。
次の機会には、ぜひ今の中学生や高校生にも参加してもらえたらと思います。
主役は彼らなのだから。

また、教育の対象はこどもだけではもちろんない。
「どうしたらオトナがもっとカッコ良くなれるか?」
というテーマで話ができたのがよかったです。
こどもは、オトナの背中を見て育つ。


印象的だったのは、隠岐の海士町の参加者たち。
片道9時間かけて、和光市までやってきました。

海士町は、今Iターン(都会に住む人が移住すること)が盛んです。
移住者の目線で、どうやって島を活性化させるか。
みなさんとても心がアツく、また発言力がある方ばかりでした。

海士町へ行きたい!
http://www.town.ama.shimane.jp/index.html


今回思ったのは、そろそろ絞り込みをかけていかなあかんのかなぁ、ということ。

・ 小学校の放課後を豊かにするNPO
・ 高校生と社会人が混ざって創発するイベント
・ カンボジアのフリースクール
・ 持続可能な社会づくりを担う若者を育てる塾
・ キャリア教育コーディネーターの養成

どれも魅力的で、関わるのが楽しくて顔を出してはいるけれど
なかなかひとつに絞り込めない。

参加者の皆さんは自分のテーマが決まっている人が多く、
このワークショップでそのテーマをさらに深めよう、課題を解決しようとしていた。
自分ごとにダイレクトに落とし込めるので、気づきも多かったと思います。

さて、どうしようか。。

こんなときに決まって頭に浮かぶのは、武者小路実篤の「進め、進め」という詩。

「しなければならないことを片っ端からしろ、忠実に」


一歩づつ歩んで行くしかないですね!
[20100817]
夏ですねー!

本当に暑い。汗が止まらない。


8月も早くも半ば。甲子園はそろそろ3回戦。
こどもにとっては夏休み終盤戦。

と、いうわけでお手伝いしてきたのはミッドタウンでの体験イベント。
廃材を使ってなんでも作ろう!というもの。

まず、かまぼこ板のようなものが1人1枚プレゼントされ、
山のように大量の廃材から、好きなパーツを選んで、板の上にボンドで貼り付けしていきます。

こどもの自由な発想を見ているのは面白い。
童心に帰って、こどもと一緒になって作っているお母さんお父さんもほほえましい。

DSCN2299.jpg

素晴らしいのはこどもの集中力。一番長い子でなんと3時間!
あーだこーだ、こどもの頭の中では色んな自問自答が起こっていることでしょう。


こんなのができました。

DSCN2323.jpg

DSCN2344.jpg


自分の作品ができたら、それを「村」に並べていきます。
村もこどもたちの手作り。

こんな魅力的な村ができました。

DSCN2312.jpg

作った作品は持ち帰ることができます。

プラモデルやミニ四駆でなく(古いかな)、こういった「型」のない遊びは
こどもの創作意欲をかきたて、想像力・創造力を養うことになると思います。

何よりも、こどもたちの笑顔と集中した表情が素晴らしかった!



いい夏の1日でした。
[20100801]
2010年7月30日、5年4ヶ月勤務した会社を退職しました。

システムエンジニアという、自分にはあまり適していないであろう仕事を
ひょんなことから始めることになり、気づけば5年が経っていました。

徹夜、無数の休日出勤、出張、クレーム対応、数々の過酷な打ち合わせ等々、
辛く、キツイことは沢山あったはずなのに、
今はよかったこと、楽しかったことばかりが思い出されます。

システムのスキルはもちろん、社会人としてのあり方や
人間的なことも沢山教わったなぁ。。

これから、どういった道を歩んでいくか分からないけれど、
最初の就職先であるこの会社で培ったことがベースであることは揺るがない。
その意味で、素地というか、基礎の部分を育てて頂いてほんまに感謝しています。

いい仲間にも沢山めぐり会えた。
大学を出て東京に来て、ほんまに右も左も分からない状況で
寮のメンバーや会社の同期にはたくさん助けられた。
上司や先輩にも恵まれ続けた。みんなほんまにええ人。


退職の日、100名ほどの社内でお世話になった人と挨拶をして
多くの人に支えられてここまで来たんやなぁ、と実感しました。

何よりも嬉しかったのが、全員から激励の言葉を頂いたということ。
中途半端な時期に辞めることになって、沢山の人に迷惑をかけてしまうにも関わらず、
お客様、社内のメンバー、話をした全ての方から、「頑張れ」「よかったね」と。

自分は幸せな人間やなぁと思います。

正直、沢山残ってしまった有休を消化したい気持ちはあったけれど
こんなにいい形で終われたので、これがベストの選択やったと思っています。
これからも付き合いたい人はこの会社に沢山いる。
やからこそ、立つ鳥後を濁さず、しこりも残さずにしようと思い、がんばれた。

新しい職場は社員数が1/100になるので、ちょっと寂しい気持ちもある。
ただ、その分「やりたいことができる」というエネルギーとモチベーションを以って
やって行きたいと思っています。

まずは、自分が気持ちよくなることから。
それから、ちょっとでも社会に役立つことを。


ありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。


don
copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。