教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20110508]
7度目か、8度目のカンボジア。

一之瀬泰造という戦場カメラマンの幻影を追いかけて
初めてその地を訪れたのが2004年。

この7年間の中で、自分の中における
カンボジアの存在感は、徐々に大きくなっていった。

実はベトナムにもラオスにも、中国にもマレーシアにも行ったことがない。
未だ直行便がない、カンボジアに通い続けている。

DSC_2188.jpg


最初の旅での、Savongという青年との出会いが
自分をカンボジア遍歴にさせたことになる。
※Savongとの出会いの詳細はSavong Schoolのサイトにアップしています。


「誰もが学べる場を作りたい」

Savongの純粋で、実直な想いが自分を始めとした多くの人々の心を打ち
自宅の軒先に机と椅子を並べただけの寺子屋から始まった
フリースクール、Savong Schoolは、今や延べ600名が集う学びの場となった。

DSC_2229.jpg


学校がある、シェムリアップという地域には
名高い世界遺産、Ankgor Wattが君臨している。

1990年代後半に内戦は終結し、治安はすっかり安定しており
近年は韓国人や中国人を中心とした観光客が急増。
町は活気にあふれ、ホテルやショップが次々と建設されている。

SavongSchoolの理念には、このような町の背景がある。

観光客相手のガイドは、この国では比較的高収入が得られる職業。
公務員の月収は約60$だが、Ankgor Wattなどの遺跡を一日ガイドすれば
10~20$の対価を得られる。

SavongSchoolは町の中心から大きく外れた農村地帯にあり、
貧困にあえぐ人々は少なくない。
青年Savongは、学校をつくることで、その状況を打破しようとした。

DSC_2183.jpg
(右から2番目がSavong)


このフリースクールがカンボジアに数多ある学校と大きく異なるのは、
国際NGOが全く入り込んでいないことが挙げられる。
寄付に頼り、NGOが主体となって運営するモデルでは、現地の人々の自立は遅れる。
(もちろん、自分をはじめとした、数人の継続支援者は存在しているが)

Savongを中心としたカンボジア人が、自らの意思で運営しているのだ。
結果、設立から7年が経過してなお、この学校は地域に認められ、
生徒数は毎年増え続けている。

DSC_1716.jpg

DSC_1708.jpg
(Savong School。月~金曜の14:00~19:00に授業が行われる)


さらに、孤児院(orpahanage center)を2008年に設立した。
今は32人のこどもたちを育てている。
運営資金はアメリカやオーストラリア等の人々からの出資で賄っている。

3度の食事、飲料水、ベッド、トイレ、着替え。
それらが保障された場で、こどもたちの表情は活き活きとしていた。

また、孤児院はSavong Schoolの近くにあり、
こどもたちは学校に通い、語学を身につけることもできる。

DSC_1610.jpg

DSC_1691.jpg


Savongの挑戦はそれに留まらない。
現在着工中の孤児院があと2つ、さらにSavongSchoolでの成績優秀者に
大学の通学費用を助成する基金の設立(Savong School fundation)も立ち上がろうとしている。
また、彼には「寄付でなくビジネスで学校や孤児院を運営したい」という明確な思いがある。

実は、学校が始まった当初のSavongはそうでは無かった。

" So, I want a donation."(じゃあ、寄付してくれないか)

そう繰り返す青年だった。
しかし、7年間学校を運営していく中で、彼の考えは変わっていった。

DSC_2147.jpg
(建設中の孤児院)


学校を通じて出会った外国の人々とともにビジネスを展開し、
そこで得た収益を学校や孤児院の運営に充てたい。
それを、次々と行動に移している。

こういった彼の考えは、この国ではとても珍しい。
もし彼が日本人だったら、「社会起業家」と
呼ばれるようになるのかも知れない。


Savongとの関係は、この先もまだまだ続きそうだ。
ここには、自分にとっての「教育の原点」が詰まっている。

copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。