教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20080320]
8538.jpg




「五体投地」


チベット仏教では、
巡礼者はこのスタイルで聖地へと向かう。

ゆっくり、ゆっくりと。

仏への愛と、この世の平安を祈りながら。



そんなチベットの人たちが、「暴動」を起こしました。


----------------------------------------------------------------

ご存知の通り、

中国はいま、怒涛の躍進を遂げています。
北京オリンピックを控え、経済成長の勢いは未だ衰えていません。

オリンピックは単なる祭典ではありません。
中国にとっては、国家の将来を賭けた大勝負なのです。




中国は他民族国家です。

もう、50年以上も前から、
中国は少数民族を迫害し続けてきました。

経済的、精神的、宗教的弾圧。

2006年にチベット自治区で、
ダライ・ラマ巡礼に向かうチベット仏教徒に対し、
中国政府軍が、まるで狩りをするかのように
殺害を行った一部始終が報道され、大きな問題になりました。

でも、50年以上前から、ずっと、起こっていたことなんです。



数年前に、チベット・ラサまでを結ぶ
「青蔵鉄道」という路線が開通しました。

世界最高標高を走るこの列車は、
多くの外国人観光客と、多くの漢民族を招くこととなりました。


同化政策


55の民族を抱える中国政府は、
民族をひとつにしようと、ラサの地に漢民族を送り込みました。


----------------------------------------------------------------


度重なる中国政府の非人道的行為に、
ラサの人々は、ついに爆発したのです。



いま、チベットへは外国人は一切入れません。
中国政府が強制退去させているからです。

日本に流れる報道では
「ラサで僧侶たちが暴動 数人が死亡」


日本のメディアが立ち入れないのに、
この情報は、誰が提供しているのか。



もちろん、中国政府です。



いま中国では、YouTubeが見れないらしいです。

強制退去させられた外国人などがアップした、
「チベット騒乱」の映像を見せないために、らしいです。


たぶん、いや間違いなく、
いま、チベットでは虐殺が起こっています。
民族粛清という名の非人道的行為が、
中国政府の手によって、いまこの瞬間にも。


それは、ナチスやルワンダでかつてあったような。
パレスチナで、世界各地で、いまも起こっているような。





チベット仏教の指導者、ダライ・ラマ14世はこう言います。

「我々は、平和な解決を望んでいる」 と。



中国の首相はこう言います。

「ダライ・ラマは暴動を扇動している」


----------------------------------------------------------------

知るということは大切なことです。

報道を鵜呑みにしないということは大切なことです。

そして、忘れてはならないのは、
僕らが糾弾しなければならないのは中国の国家であって、
中国に住む人々に対してであってはならないということ。




さて、チベットの為に、自分は何ができるだろうか。







ほっぺたと袈裟を真っ赤に染めたチベットの優しい人々を、
いつか撮りたいと思っていた。
スポンサーサイト

□  by マダム☆マミ

こんにちは。
私のつたないブログに訪問&コメントありがとうございました。

チベットは、行こう行こうと思いながら、まだ実現できずにおります。
今回の暴動はとても悲しいことです。
でも、donさんの仰るとおり、報道を鵜呑みにすることはできませんね。

鉄道が開通してから、チベットは観光客が増えたそうですが、これがよかったのかどうか?
生活がかかっている人達にとっては、収入も増えるし良いにこしたことはないですが、チベット独特の雰囲気が壊されそうで・・・。

なんて言ってる私も、チベットへ行ってみたいただの観光客なんですけどね(^^;)
また遊びにきますね~♪

2008-04-01(Tue) 10:32 | URL | #- [ 編集 ] | TopPage
管理者にだけ表示を許可する
Top
http://globaltour.blog47.fc2.com/tb.php/110-2782e2bd
copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。