教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20100523]
購入してから1ヶ月あまり。ようやく大体読めた。

無料からお金を生み出す、ということはつまり
無料と有料のコンテンツや手法の2本立てをするということやね。

例えば。。

・ 携帯電話の本体は無料、通話料は有料
・ 子どもは入場無料、大人は有料(博物館)
・ 画像共有サービスは無料、追加の保存容量は有料

既に世の中にたくさん出回っている。
それを、この本で体系的にまとめている。

中でも著者は、フリーによって人を惹きつけ、有償の別バージョンを用意する
「フリーミアム」という考えを新たに提唱している。


この本自体も、フリーミアムの考え方を使って成功したモデルのひとつ。

本の発売と同時に、WEB上で内容を無料公開するという手法で注目を集めた。
結果的にベストセラーとなった。


「中国の違法コピーが横行している現状がビジネスチャンスである」

CDの販売からの収入は見込めないが、無料でCDを手に入れた消費者がファンとなり、
コンサートやイベントに足を運ぶことで収入が見込める、
つまり違法コピーはマーケティングなのだ、という考え方。

視点を変えると面白いな~
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://globaltour.blog47.fc2.com/tb.php/140-a0d11bab
copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。