教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20100524]
ミッドタウンで開催されている「世界を変えるデザイン展」に行ってきた。


「長期的な視野で発展途上国を次なるマーケットとして検討するきっかけを創造する」
ことを目指す株式会社グランマが運営している。

テーマは「水」「食糧」「エネルギー」「健康」「住居」「移動・輸送」「教育」「情報」
の8つの課題に分割されている。

会場には課題をグラフィック化したもの、そして途上国の課題を解決するプロダクト50点が展示されている。

グラフィックは、縦軸が「課題の深刻度」、横軸が「国民ひとりあたりのGDP」で示されている。
日本を基準に考えると、アジア・アフリカ・中南米・中東etc.は課題をたくさん抱えているように見える。

自分が行った国、行きたい国、という視点で見てみると
イエメンやカンボジアはやっぱ、まだまだやなぁ。

特にカンボジアなんて6回も訪れているのに、こういった数字はなかなか見えてこない。
現地人と行動し、家に泊めてもらっているのに、実はまだまだ表層的な部分しか見えてないんやなぁ。


そして数々のプロダクト。

水溜りから集めた水を飲み水に変えるフィルターや、度数を自由に変えられるメガネ、
寸法を測ってからわずか2時間でできてしまう義足など。

自分が使いたいなぁ、というのもいくつかあった。

感じたのが、どのプロダクトもめっちゃシンプルやということ。
部品も複雑じゃないし、何て言うか、機能的。

そらそうやんなー
壊れたときにいちいち先進国の技術や精密機器が必要になるようじゃ
発展途上国の過酷な環境では長持ちせぇへんもんね。

プロダクツの多くが発展途上国の人々によって製作されたもの、というのも納得できる。


日本の技術は、行き過ぎやと言われている。
発展途上国の人々が使うにはちょっと適してない。
例えばデジカメなんてすごいことになってるもんね。


BOP(Base of the Pyramid)とは、1日2ドル以下で生活する人々の層。約40億人が該当する。
いま、この層に対してのビジネス(BOPビジネス)が注目を集め出している。

市場規模はなんと500兆円。


資金の行き先が不透明な面も指摘される"バラマキ型"ODAよりも
日本はこっちに力を注いだ方がええんちゃうかなぁ。ものづくりは得意分野やしね。


6月13日までやってます。入場無料。オススメです。
http://exhibition.bop-design.com/
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://globaltour.blog47.fc2.com/tb.php/141-419cef10
copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。