教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20070103]
20070103013737.gif



NHKでやってました。

青海チベット鉄道~世界の屋根2000キロをゆく◇中国・西寧からチベット自治区のラサまでのおよそ2千キロを結ぶ青海チベット鉄道で旅をする。2006年7月に開通した青海チベット鉄道は、標高5072メートルの峠越えをはじめ1千キロにも及ぶ標高4千メートル以上の区間を走る世界でも類を見ない鉄道。眼下に広がる雲海や橋の下を流れる長江の源流、点在する遊牧民のテントなど、沿線にはチベット高原の雄大な風景が広がる。高地を走る青海チベット鉄道の車両は完全気密状態が保たれ、常に新鮮な酸素を供給する最新技術が施されている。厳しい自然環境下で列車の運行を支える人々や、鉄道開通で変わりつつある沿線の暮らしなどを伝える。

-----------------------------------------------------------------

ラサはここ数年、観光地化が進んでいる、と聞きます。
この鉄道が誕生したことで、チベット民族の伝統の生活がさらに脅かされることになるのでしょう。漢民族の「侵略」も、もっと増える。

でも、チベットの人々にとってはそれがチャンスなのかもしれません。
観光客や漢民族の存在が彼らを経済的に豊かにする。一概にそうとは言えないのでしょうが。。。

いち観光客には、チベットの人々の思いは完全には理解できません。

ただ言えるのは、ポタラ宮(チベット仏教の総本山・代々のダライラマが住んでいた)は、変わらずすばらしい姿を見せてくれるであろうということ。観光客にまみれようともアンコールワットはやはり素晴らしかった。

ラサが今後、どれだけ観光地化しようとも訪れてみたいという思いは微塵も変わりません。

高山病だけが心配だ。。。だって高度5000メートルを走るんですよ。富士山でひいひい言ってた僕はどうなるのやら。


■青海チベット鉄道の情報はこちら
http://webchina.cc/item/1164/catid/118
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://globaltour.blog47.fc2.com/tb.php/71-7b8bedae
copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。