教育と、旅と、地域活性と、日々のあれこれについて。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 |
[20070716]
eiga2.jpg



1992-1995年 ボスニア紛争。

旧ユーゴ解体の中、ボスニア・ヘルツェゴビナが独立を果たす。
しかし、国内でのセルビア人とクロアチア人・ボシュニャク人の争いが勃発。

国内全土で激しい戦闘が続き、20万人の死者、500万人の負傷者を
出すことになる。


この映画はそんな背景を描いている。

ユーモラスな展開だが、結末は決して甘くない。
ボスニア出身の監督は戦争の無意味さと暴力性を皮肉たっぷりに表現する。
その矛先は「人道支援」を謳った国連の無力さにも向けられている。


戦後15年経ったいまもまだ紛争の後遺症は残ると聞く。
オシム監督の出身としてもちょっとスポットが当たったボスニア。


紛争・民族同士の争いは尽きないのか。
目に見えない線(=国境)がある限りは。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://globaltour.blog47.fc2.com/tb.php/95-9879b23c
copyright © 2005 don all rights reserved.

Template By innerlife02

INFORMATION

don

Author:don
関西出身、東京に来て6年。
ステムエンジニアを経て2010年夏、ソーシャルビジネスの広がりのお手伝い・企画提案と、キャリア教育のサポートを実施するコンサル会社に転職。追いかけているテーマは地域活性×教育のモデル。活動はNPOアフタースクール、教育カフェ、savongschool(in Cambodia)など。シュミは世界の旧市街歩きと写真を撮ること。

このブログでは、教育・地域活性についてと、夢である世界一周について色々書いていきます。

http://donpj.com

Recent

全タイトルを表示

Category

Archives

ブクログ

twitter

    follow me on Twitter

    Recent Comments

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。